現代人は食べ過ぎ

現代人が肥満や病気になる原因は食べ過ぎからきています。いくら体によい食品であっても食べ過ぎると害になります。  高脂血症を招き動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞といった血管が詰まって起こる病気の発症へとつながります。糖尿病の原因にもなります。胃腸は悲鳴を挙げ慢性の胃 炎や潰瘍を引き起こしますし、肝臓の働きも低下します。さらには脳の働きの低下を招いて痴呆の原因にもなるし寝たきりや短命の原因にもなるのです。