内臓が丈夫でないと健康な人生は送れない

現代は、過食・飽食によって慢性的に胃腸が疲れている人が非常に多いといえます。

そして慢性的に食べ続けているため、胃腸が異常を知らせる症状を発してもそれに気づきにくくなっています。 私たちは生きるために食べる訳ですが、その食べた物をしっかり吸収できる状態を維持するためにも長年休みなく働いて疲弊した内臓を休息させることが大切です。