関吉の疎水溝

鹿児島市の下田町の稲荷川上流にある取水口。 この取水口から仙巌園までの約8キロメートルに及ぶ水路は仙巌園の尚古集成館との高度差は8メートルほどしかなく、この水路の緩やかな傾斜角度には当時の高度な技術が偲ばれます。

島津斉彬公の集成館事業の動力源として利用されたとのことですが、その先見性には驚かされます。

相当な大規模事業であったことが窺えます。